まさにHi Five!

「オシャレだな。」と思うポイントは人それぞれ違いますが、

私にとってこのブランドのオシャレさやこだわりは、まさにHi Five!

思わずハイタッチしたくなる気分にさせてくれます。


オシャレの語源は洒落(しゃれ)からきていて、

垢抜けていること、気の利いていること。

曝(さら)されて余分なものがなくなったということ。

などなどがあるそうですが、

そういう意味でもピッタリだな。と勝手に思っています(笑)


例えばこのパーカー。

パッと見普通のパーカーにしか見えないかもしれないけど、

ブランドロゴはフロッキープリントという

起毛したプリントになっていて、

私的には、ほぼ出番のないパーカーのヒモも

オフホワイトの平紐(平らなヒモ)になっていて、

しかもプリントまで入れてある。


デザインが気に入ったパーカーでも、

あのナイロンの少し光った安っぽいパーカーのヒモだと

ちょっと残念で買ったらすぐに外してしまうことが多い。


私はパーカーのヒモを締めたりすることがほとんどないから

外してしまっても使い勝手が悪くなるワケじゃないけど、

どうせだったら気の利いたものが付いていてくれたら嬉しいな。

と思うし、これだったら外さない。


作ってる人がアレコレ考えて作っていることが伝わってきて、

手間がかかっていて、オシャレ。そしてお手頃な価格。

この価格でこのクオリティーなら買って損はない。

と思わせてくれるのもHi Five!




自分たちがやってきた事、やっている事を軸に、

「Hi FIVE」してしまうような物を作り、

身に着けていただける方々にもそんな気持ちを感じ取って欲しい。

「同じ感覚を共有していきたい!」

という願いから誕生したブランドが「Hi FIVE ハイファイブ」です。

(Hi FIVE = ハイタッチの意味)


東京ローカルのアパレル・スケートボード・音楽・自転車など、

様々なカルチャーを通ってきたグッドバイブスな クリエイターや仲間が集まり、

シルクスクリーンプリントを主に 「自分たちが本当に着たい物」

というパッションを基に作られています。


「シンプルイズベスト」 を概念に置き素材と形にこだわり、

流行に左右され過ぎず、 長く着ていただけるラインナップを展開しているブランドです。

老若男女、着る人を選ばないラインナップを展開しています。

https://gatheroom.fashionstore.jp/categories/423597










gatheroom

gatheroom(ギャザールーム)は、ただ物を販売するお店としてでなく、 作ってる人の気持ち、販売している人の気持ち、買ってくれた人の気持ち、 届けてくれる人の気持ち。の優しさや良い気分をギャザーのひだのように寄せ集めて、 温かさのある部屋のようなお店作りがしたい。という想いからつけた名前です。 プリーツのような規則性はなく、自然と集まる、集まった感覚をとても大切にしています。

0コメント

  • 1000 / 1000